埋没毛はレーザー処理が最適な理由!自己処理はダメ

2015年6月23日

埋もれ毛は誰にでも起こりうる症状であり、簡単に言うと肌に食い込んでしまった毛のことを指します。本来は肌の上まで伸びて見えてくるので、それを剃ったり抜いたりすれば綺麗にすることができます。

しかし埋もれ毛は皮膚の下に入り込んでしまい、そこから長くなろうとする性質を持っています。このまま放置していると、肌の中に入り込んで長くなり、どんどん目立つようになっていきます。

そしてこの状態だと肌を傷つけない限り抜くことが出来ないので、非常に厄介な存在となっています。この症状になると当面は抜くこともできませんし、埋もれ毛が目立つようになるので隠すことも難しくなってきます。

埋もれ毛は自己処理によって起こりやすいとされており、自分で処理をしているうちに中に入り込むような状態になります。そのため埋もれ毛が発生するのは自己処理中だけであり、サロンなどで発生することはありません。発生した場合は適切な処理をすることとなります。

埋もれ毛は長くなればピンセットで抜くことも可能になりますが、それまでにはかなりの時間を要することとなります。稀に古い角質を取り除くことによって、埋もれ毛が出てくることがあります。この時は出てきた埋もれ毛をもう1度ピンセットで抜いてしまえば、簡単に対処することができます。

しかし肌の中にかなり食い込んでいる状態になると、そう簡単に埋もれ毛を処理することができません。どうしても難しい場合は、レーザー脱毛でその部分だけ取り除いてもらう方法があります。

レーザーを照射すればその部分は綺麗になるので、埋もれ毛は綺麗に無くなります。その代わりに料金の負担が非常に大きくなるので、気をつけて行うこととなります。

この他にも洗っているうちに確執が無くなったり、肌が綺麗になると見えてくることがあります。このタイミングで適切に処理しておけば解消できます。基本的に個人でも対処できますが、無理な場合は埋もれ毛をレーザーで処理することとなります。

#埋没毛の処理方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*



次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>